取り寄せ蕎麦で食べて学ぶ、蕎麦のソムリエ 通信講座

【取り寄せ蕎麦で食べて学ぶ、蕎麦のソムリエ通信講座について】

東京から離れた地域に住んでいるので、南青山の教室には通えないけれど、蕎麦のことを学びたいという方のために、「取り寄せ蕎麦で食べて学ぶ、蕎麦のソムリエ通信講座」がスタートしました。

これは、東京の教室に通って受講するのとは一味違った、大きな魅力のある講座です。

「取り寄せ蕎麦で食べて学ぶ、蕎麦のソムリエ通信講座」では「蕎麦のソムリエ/いつつ星★★★★★」に認定されるまでに、40種類の日本蕎麦を味わっていただきます。蕎麦の提供は「日本蕎麦保存会」が、「在来種そば連絡協議会」と連携して行うもので、極めて高品質の蕎麦を召し上がっていただけます。

通信講座のコンセプトも、「食べて学ぶ」です。

第一回の「食べる教材」は、以下の2種類をご用意しました。この蕎麦にあった蕎麦つゆも、お送りします。

 

●「丸岡在来」(福井県)、丸抜き、粗挽きのそば

繊細な香りと、上品な甘みを楽しむそばです。在来種そばの代表格ともいえる、福井県の在来種「丸岡在来」を丸抜きから製粉して、粗挽きそばに仕上げました。日本蕎麦保存会が管理して製造した蕎麦粉を使って打った蕎麦なので、際立った美味しさに驚いていただけます。

食べる教材のそば

このような蕎麦が送られてきますので、生そばをご自分で指示通りに茹でて召し上がっていただきます。器や薬味は、ご用意ください。

●「栃木在来」、玄挽き、粗挽きのそば

栃木在来特有の、豊かな甘みを持ち、深い香りを漂わせる蕎麦です。殻がついたまま石臼に入れて製粉していますが、いわゆる「田舎そば」と呼ばれるようなクセはありません。のどごしも良く、とても食べやすい、上品な味に仕上げてあります。栃木在来ならではの、滋味あふれる美味しさを堪能してください。

黒いそば

このような玄挽きの蕎麦です。深い香りが、蕎麦本来の美味しさとはどういうものかを教えてくれます。器、薬味はご用意ください。

 

「食べる教材」としてお届けする蕎麦は、在来種に限らず、蕎麦のブランドとして知られる極上の品種を九一で打った上品な蕎麦とか、個性的な香りの食材を練り込んだ、さらしなの変わり蕎麦まで、様々です。

この「食べる教材」40種類の味を楽しんでいただくと、日本蕎麦の全体像が、くっきりと浮かび上がって見えてきます。蕎麦とは何かを知る、最良の選択肢が、「取り寄せ蕎麦で食べて学ぶ、蕎麦のソムリエ通信講座」です。

かつてない画期的な通信講座で、本物の蕎麦の美味しさを知ってください。

 

この通信講座は、東京の教室に通っている「蕎麦のソムリエ」の受講生の方にも、お申し込みいただくことができます。また、「日本蕎麦伝統技能保持者」の通信講座を受けていらっしゃる方にも、おすすめしたい講座です。

「蕎麦鑑定士」は、年に一度、東京にお集まりいただき、48種類の蕎麦を試食していただきますが、これはあくまでも試食であり、一皿の量は少なめです。

「取り寄せ蕎麦で食べて学ぶ、蕎麦のソムリエ通信講座」の「食べる教材」の場合は、一種類が一食分ありますので、十分に蕎麦の味を堪能していただけます。もちろん、美味しい蕎麦つゆもついています。

近所に、美味しい蕎麦屋さんがないという、蕎麦好きの方には、ぜひにと、おすすめしたい講座です。

 

●料金や、お届け方法、お届け日時などは、蕎麦の種類や地域によっても異なりますので、詳しくは、メールでお申し込みいただいた方に、お知らせいたします。

すばらしい蕎麦との出会いを、お楽しみください。